Diary


雑記



↑new/old↓

diary_pic100131.jpg
前回の続き。
線画、調整Photoshop + sai。


前回は変態丸出しな内容ですみません。でもやめないw
この空間ではオレがジャスティス!w *・゜(n'∀')η *・゜

というわけで前回の下書きをもとに着彩。
いろいろ調整している途中でまちがえてレイヤーを統合してしまって
天井付近がほぼ消し飛んでます。
まーもともとバックはぼやかすつもりだったんでよいか。


ふと以前の雑記をざっと見直してたら
「ということで」で始まる雑記が妙に多くて、
なにがということでなのか自分で首を傾げる毎日です。
便利なフレーズだ。




amazonで注文してた本が何冊か到着。
 ・大東京トイボックス(うめ/バーズコミックス)
 ・[地球自然ハンドブック]完璧版 猫の写真図鑑CATS(デビッド・オルダートン/日本ヴォーグ社)
 ・[地球自然ハンドブック]完璧版 犬の写真図鑑DOGS(デビッド・オルダートン/日本ヴォーグ社)
を無事げっと。


地球自然ハンドブックシリーズは10年以上前に発刊された本ですが、
なかなか内容が充実していて資料本としてはいい感じです。

同シリーズの
「星と惑星の写真図鑑」「鳥の写真図鑑」「木の写真図鑑」「爬虫類と両生類の写真図鑑」
「昆虫の写真図鑑」「野草の写真図鑑」「岩石と鉱物の写真図鑑」「蝶と蛾の写真図鑑」
あたりもゆくゆくは手に入れたいとこですが
金欠気味なのでお値段がちょっとネック。
がんばれオレの小宇宙!(財布の中身的な意味で)


大東京トイボックスの方はあいかわらず濃い内容で非常に満足。
空気が実感できるだけにとても身につまされます。

仙水が「あの点数」を告げたとき、そのネタ元と真意とが
一瞬で理解できてしまったにも関わらず、それをどう解決して行くのか、
わくわくとしながらページをめくる手が止まりませんでした。
ひとつの糸口を見いだした太陽がこれからどう動くのか。
次巻も楽しみです。

余談ですが、今巻は個人的にプラネテスとのオーバーラップ感が非常に強かった。(※良い意味で)
内面と向き合う物語はとても惹かれるものがあります。


大東京トイボックスで展開されているお話は、
現在のビデオゲーム制作の現状を端的によく表していると思います。
産業として大きく”なりすぎてしまった”が故に、その作品の内容を
コントロールすることが非常に難しくなってしまった現代のゲーム制作環境では、
より多くの人に自分の作品を遊んでもらいたいという気持ちとあいまって
制作者の内側に強烈なジレンマを生み出します。

おそらく昨今の多くのビデオゲーム作品にとって、各要素に割り当てられる予算のうち
ゲームの本質部分に影響するところに割り当てられる金額というのは非常にわずかです。
(「ゲームの本質」というとこれまた定義が難しい部分なのですが、今回は割愛)
これを言ってしまうと自己批判になるのでアレですが;


多くの制作者(とくに旧い時代のゲームを知っている世代)がそれを理解していながら、
そこに予算をかけないことには手にとってすらもらえないという現状が
踏み出したくない方向に強制的に足を向けさせます。

その先に待ち受けるものは断崖絶壁なのではないかという予感を孕みつつ、
そうでないことを祈りながら(あるいは見えないふりをしながら)足を動かし続けているというのが
よく言って現状のゲームシーンを支配している空気ではないかと思います。
これはゲーム制作だけではなく、他の業種の現場でも言える話かもしれませんが。


今はドロップアウトしてしまっているデェタが何を言ったところで
遠吠えでしかないことは十分に自覚しておりますのでその辺のご指摘はご容赦を。
もちろん今もなお良いゲームはたくさんありますので、否定をしたいだけではないことを
ご理解いただければ幸いです。
そういう流れであることを理解しつつ、それでもどうにか良い方向へ持っていこうとしている、
いまなお現場で頑張っている方々には最大級の賛辞を送りたいです。


ビデオゲームは比較的若い産業ということもあり、今後も何度もこういう過渡期が
訪れることが予想されます。
一時的にパイが縮小することもおそらく避けられないでしょう。
ですが、逆に言えば、過渡期が訪れるだけまだ未来があるということでもあります。
もっと多様な方向性を許容するだけの包容力を持つにはまだ時間がかかるでしょうが、
ゲームだけが持つ面白さが忘れ去られない限り、未来は明るい。
そう信じたいものです。
■Trackback
Trackback URL: 
※広告およびspam関連のトラックバックは削除対象となります。あらかじめご了承ください。
■Comments
■Comment Form











 (※spam対策のため画像認証を行っています)

※コメントは承認制とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

■calender■
04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■recent entry■

■search entry■


■RSS■
RSSicon

■SNS■
twitter
pixiv
tinami


■twitter■