Diary


雑記



↑new/old↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさにスーパーでお刺身なんぞ買ってみた。
品名わらさって書いてあるけど、さわらのおともだちですかね?(違

ためしにググって見たらブリのお子さんなのか。
そういえばそんな味だ(適当
ぷりっともにゅっとしてておいしいです。
見切り品だけどな!


本当はファミレスに行こうと思ってたんですけどね。
前住んでた家の近くにお手ごろなファミレスがあったのでよく行ってたもんですが、
いま住んでるところの近くにはロイヤルホストとフォルクスのみ。
フォルクスはドリンクバーがなかったり24時間営業じゃなかったりといろいろ微妙で、
ロイヤルホストは昔ひどい料理をだされたことがあって信用できなくなったので不可。(店舗はちがうけど
あとおたけえんだよ!(いろんな意味で

と、ふと思いたって、前行ってたのとおなじ系列の店舗が近所にないかな? と
グーグルマップで探してみたら、よく行くスーパーの少し先にヒット!
そしたらなんだかいてもたってもいられなくなったので、ぶろんと原付をかっ飛ばして向かってみました。

しかし探せど探せど見当たらない…。
グーグルマップが古くてもうなくなっちゃったのかしら? と、(´・ω・`)としながら帰宅して
もういちど調べてみたら 同 名 の ぜ ん ぜ ん 別 の 会 社 でした。
おとといは調子こいてすみません全体的に人生を見直す必要があるのは自分のようです。
ふっしあっなおっめめー。




ひきつづき高津さんのうろんなページ雑記みてたら
偶然にもサイトの誕生日がおんなじことにきづいてびっくりした(年はちがうけど
この日はデェタが好きな絵描きさんの大槍葦人氏の誕生日でもあったりして(これも偶然)妙に感慨深い。
なんだかちょっと得した気分。みーはーですんません。




ふとニコ動を徘徊してたら
【ニコニコ動画】0から始めるWizardry実況 part1.
という動画を見つけてしまったからさあ大変。
あっという間にシリーズ最新版(よりによってちょうどクリア一歩手前w)まで見てしまった。

ゲーム実況動画というのはデェタの立場的にはあまり推奨すべきでないシロモノではあるんでするが、
これはひとつお目こぼしを願いたいところ。

だってこの動画、攻略本片手にプレイした人には面白さの
10分の1も理解できないだろうし(上から目線でモノを言ってるわけではなく)、
未プレイの人に至っては何が面白いのかさっぱりわからないハズなので。。。


理不尽なまでの容赦なさは今の世代には受け入れられないかもしれないし
あまりの情報の少なさに攻略情報をググってしまう人の気持ちもわかるんだけれども
そういった垣根や甘い汁を振り払って、本当に真正面からこのゲームに取り組んだとき、
キャラクターの画像すらない(それどころか性別さえない)このゲームの中に
プレイヤーは様々な人生をかいまみれるんじゃないかと思いまする(CLANNADとはまた別の意味で

そうやって長い冒険の旅を終えたとき、
なぜ世界中のゲーム好きの人たちが「ゲーム」というものを愛してやまないのかが、
きっといままでよりもほんのすこしわかってもらえるんじゃないかと、若干の期待をこめつつ。


と、前置きが長くなりましたが、
往年のwizファンはニヤニヤしながら見るといいさ!
今のゲームがいまいち「やらされてる感」が強くて面白くないという諸兄で
興味がわいたひとがいたら存分にやってみるがいいさ!

↑のシリーズ中だれかがコメントしていた

 「その汚い手書きの地図が、きっとうp主にとってかけがえのない宝物になる」

の意味がきっとわかるハズ。


良いゲームは良い本、良い道具と同じようにユーザーの成長にきちんと応えてくれるもので、
コンピュータRPGの原点とまで謳われ今もなお愛され続けるこのゲームも、
しっかりとその精神をその内に秘めております。
こういうゲームを作っていかなければなぁ、と自戒しつつ(サド仕様はともかくとして


てか、Wiiのバーチャルコンソールで配信されてないのねこのシリーズ。
とっくに配信されてるものかと思ってたわん。

ここのコメ欄に書いてある

Wizardryは、タイトルとは別に一部固有名詞(魔法や一部モンスター名)の使用にも
結構高い版権料を取られるらしいので、昔のオリジナルの魔法名を使った新作は
かなり出しにくいみたいです。
PC版国産Wiz最新作の「五つの試練」のサイトでは、どこかで見た魔術師風の人が
「わしの真名を言うでない!言うと恐ろしいことになるぞ。主にカナダ方面からな」
などと言っている辺り、その辺のチェックは厳しいみたいですし。
ASCII関連のWizをバーチャルコンソールで出す際の大きな障害になりそうな気がします。

↑のあたりがネックなのかしら。

シリーズが各機種でよーけ出てますが
オススメはやはりFC版か、もう少し難易度を落としてSFC版。
どっちも手に入りづらいのがアレだけど。

FC版を誰の助けも借りずにクリアした人は超尊敬します。操作性にやや難あり(そのうち慣れるけど
SFC版は基本FC版と同じですが、呪文の効果やキャラ作成、オートマッピングなどの補助が手厚いので
FC版に比べてやや難度は下がります。FC版はそのあたりもゲームのうちなのよね。

ただしSFC版はグラフィックが非常に強化されており、FC版が好きな方でもこれは一見の価値あり。
FC版のもつ雰囲気を壊さずに、SFCというハードでここまで真っ正直に正統な形で仕上げたことには
同じゲームグラフィックに携わるものとして頭が下がる思いです。
容量の問題じゃないよなぁ実際。。

そして音楽がまたいいんだこれが… いかん、キリがない。


運良くゲーム屋さんで中古を発見したひとは、その帰りに文房具屋さんで5mm方眼紙を
いっしょに買って帰りましょうw(お約束
■Trackback
Trackback URL: 
※広告およびspam関連のトラックバックは削除対象となります。あらかじめご了承ください。
■Comments
■Comment Form











 (※spam対策のため画像認証を行っています)

※コメントは承認制とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

■calender■
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■recent entry■

■search entry■


■RSS■
RSSicon

■SNS■
twitter
pixiv
tinami


■twitter■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。