Diary


雑記



↑new/old↓

diary_pic090507.jpg


GWは溜まってた未見の映画とかまんがとかを一気に消化。(微妙に古いのばっかりだけれども)
以下簡単に映画の感想。まんがのほうはまた今度。



 ●電脳コイル
 ぶっとおし26話耐久はなかなか骨だったけれども
 それに見合うだけのものは得られたので満足。
 世界観だけでわくわくさせられたのは久しぶりだ。
 
 脚本の中盤~後半ちとバランスがくずれてたところが惜しいけれども(それでも平均点以上なのは確かだけど)、
 作画もコンテも音楽も声優もすばらしく上質。さすがNHKいい仕事するぜ!
 
 中でも秀逸だったのがヤサコの声(CV:折笠 富美子)
 棒すぎればキャラが生きないし、生々しすぎては映像とかみあわないという、
 どっちに偏りすぎてもいけないのがアニメキャラを演じる難しさだと思うんだけど、
 実に絶妙なバランス加減で役を演じきったのにはさすがベテランの仕事と思わされた次第。
 
 こんどノベルも読んでみよう。
 
 
 ●earth
 地球のふしぎ。ふしぎじゃねえな。地球の壮大さとでもいうべきか。
 以前見たPlanet Earthの圧縮版という感じ。
 Planet Earthをブルーレイで見るためだけにPS3を買ってしまいそうな自分がいて
 そこはかとなく怖い。
 
 
 ●シックスセンス
 まだ見てなかったのでー。
 衝撃のラストがどーのとかいう宣伝をしてた記憶だけがあって、
 運良く今までネタバレされてなかったのでいい機会と思ってみてみた。
 思ったほど衝撃はうけなかった。というか途中でふつうに気づいてもた。
 可もなく不可もなくというかんじ。
 
 
 ●インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
 前3作からさすがに時間がたちすぎたかな、というところ。
 妙にCGくささが目立ったのが気になった。
 ぶっちゃけあのシナリオはねーよww
 じつはわりと期待してただけにちょっと(´・ω・`)となってしまったのは否めない。
 もっぺん3部作みなおしてきまふ。
 
 
 ●ハリー・ポッターと賢者の石
 これもずいぶんと放置してたやつ。
 前に原作読んでたからシナリオについてはとくにないんだけれどもまとめかたは上々。
 CGの精度がすばらしいくてたまげた(インディのあとだったからとくに)
 話の続きはどうでもいいんだけどもCGだけ見たいので続編も見る予定。
 
 あと特筆すべき点といえば、ああそうだ。
 ハーマイオニーかわいいよハー(ry
 
 
 ●茄子 スーツケースの渡り鳥
 「茄子 アンダルシアの夏」の続編。
 今回の主役(準主役?)は山ちゃんが声優担当なんだけど、どうしてもスパイクが連想されてしまう罠。
 
 この作品、(最近では珍しくもないが)3DCGがわりとふんだんに使われてるけれども
 きちんと2Dのフレーム速度にあわせてコマ落としをしてるんで違和感が少ないのが良い。
 ただレーサーのモデルの荒さはもうちっとどうにかならんかったものかと。
 目立たないとこにしか使ってないから目くじらを立てるレベルではないんだけれども
 もったいないなーとちょっと思ったり。
 
 話的にはあんまり視聴者に媚びる感じのつくりじゃなくて、個人的には高感度は高い。
 続編がでたらまた見さしてもらおう。
 
 そしてとくに狙ったわけではないんだけども、エンディングテーマが故・忌野清志郎氏だったもんで
 ちょっとしんみりとしてしまった。
 素敵にカッコよくてロックな歌でした。合掌。



まだ見てないやつがけっこう残ってるなあ。
すこし落ち着いてるいまのうちになるたけ見てしまおうっと。
■Trackback
Trackback URL: 
※広告およびspam関連のトラックバックは削除対象となります。あらかじめご了承ください。
■Comments
■Comment Form











 (※spam対策のため画像認証を行っています)

※コメントは承認制とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

■calender■
04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■recent entry■

■search entry■


■RSS■
RSSicon

■SNS■
twitter
pixiv
tinami


■twitter■